価格的にお得なバイアグラのジェネリック薬

お金がどれくらいかかるかで、医薬品の価値をはかる人がいます。
薬は値段ではないという人もいます。
これはどちらも正解であり、高価な薬は希少価値があったり、安全性が高いなど、使うに足りる理由があるのです。
また、価格が安い薬も、経済的に助かる部分が多く、メリットは大きいでしょう。
ED治療薬バイアグラなどは、日本のクリニックで処方してもらう場合は、かなり値段が高くなります。

これは、あらかじめ輸入されているものを処方するからで、さまざまなお金がかかってきてしまうのです。
ただ、その分安全性は高いですし、確実に正規品が手に入るので、一概にだめとはいえません。

一般人がバイアグラを買い続けることは、経済的に不可能なので、それを回避するためにジェネリック薬を購入して使うケースがあります。
バイアグラのジェネリック薬カベルタは、インドでも最大手の製薬会社が製造しており、世界120ヶ国以上で販売しているので、大変信頼性の高い薬です。
インドでは特許の概念が他国と違っており、オリジナルより破格に安いジェネリック薬がどんどん作れる環境が整っています。
それを利用して作られたのがこのカベルタで、本家バイアグラと比べて遜色のない出来に仕上がっているのです。
まず、主成分がシルデナフィルで、バイアグラとまったく同じため、効果持続時間、勃起力も同じになります。
この薬は3時間から6時間程度、性的刺激を受けたら勃起持続が起こるのが通例です。

また、副作用もバイアグラと同じく、めまいや吐き気、頭痛や立ちくらみが起こります。
しかし、いずれも一過性のものですし、やや強い場合もありますが心配はいりません。
特筆すべきなのは価格で、バイアグラ一錠が1500円から2000円もするのに対し、こちらは一錠150円から300円の間で買えてしまいます。
あまりにも安いので、品質がいいのかどうか心配になりますが、そこはインドでも大きな会社が作っているので、信用していいでしょう。
ただ、人気がある医薬品の場合、ニセモノが増えるのは仕方ありません。
かのバイアグラも、世界中で売れている反面、ニセモノ対策には苦慮しています。
そのあたりの状況はこちらのサイトがくわしく追及していますので、見てくとよいでしょう⇒バイアグラの正規品

正規品とまがいもの

カベルタも価格の安さが災いして、さらにこれを安くしたまがいものが売られていました。
販売業者さんたちが正規品以外を扱わないようにしたので、誠意あるしっかりした業者さんから買えば、ニセモノをつかむことがないとお客にも理解されたのです。
私の身近にも、かつてバイアグラのニセモノをつかんだ人がいましたから、個人輸入はかなりシビアだったのだといまさらながらわかります。
インドの製薬技術は非常に高く、特にジェネリック薬を製造する技術は他国の追随を許しません。

特殊な事情があることがわかれば、カベルタをはじめジェネリック薬の価格の本当の意味がわかります。
しっかりとした知識が手に入ればそれが確実に生かせて、海外医薬品の個人輸入にも役立つことでしょう。

Comments are closed.