バイアグラを処方してもらうためには

勃起不全に悩んでいる人におすすめなのがバイアグラという薬です。
使うためにはいくつか条件がありますので注意が必要です。
適切な服用方法で使用すると効果が期待できる薬ですよ。
では、このバイアグラはどのようにしたら処方してもらうことができるのでしょうか。
実は、このバイアグラという薬はインターネット通販で売られているようなこともありますが、その中には偽物があるということも分かっています。
医師の診察によって処方されないと使うことができない薬ですので、最初は病院にかかるところから始めなければいけません。
まず、自分が普段通っている内科のようなかかりつけ医に相談しましょう。
ここで今自分が抱えている問題を相談します。
そして、そこから治療に入るパターンもありますが、地域の専門医を紹介してくれるケースが多いです。
また、雑誌や書籍、今ではインターネットでもED治療に対して積極的な、先進的な治療をしてくれる専門病院を見つけることができると思います。
「もちはもちや」というように、やはり専門に勝るものはありません。
治療そのものもそうですが、性に関する問題ということで精神的にも非常に慎重に取り扱ってほしいというのが患者の心情としてあります。
こうした専門医の特徴としては、その患者の心情を丁寧に受け入れてくれるという気持ちや体制に評価があります。
人気のある病院というのは患者さんへの心のフォローが適切だとも言えるでしょう。
そこで、自分が気になる病院を調べて直接で向かうということもおすすめです。
その際に、受付で「ED治療できました」ということが恥ずかしいという方もいるかもしれません。
そのために、バイアグラを製造・販売しているファイザーさんがすすめているのが「クイック受付シート」なるものです。
このシートに必要事項を記入して受付で提出するだけでいいのです。
受付で言うことがないので他の患者さんに自分がEDであることがばれることはありません。
実際にこのシートが活用されることは非常に多いようです。
受付で治療目的を聞かれるのが嫌な方に関してはこれを忘れずに持参するようにしましょう。
そして、病院では具体的な質問が医師からされます。
まず、これまでどんな病気をしているかということです。
今飲んでいる薬を飲み続けながらバイアグラが処方できるかという観点も医師としてはとても大切なことです。
また、一部の病気の副作用として勃起不全が起きているということもあります。
病気の中には男性ホルモンを抑制する必要があるものもあるのです。
また、お酒も勃起に関係すると言われています。
お酒を減らすことで症状が改善することもありますが、仕事の都合などでどうしてもお酒を完全にやめるのは難しいという人もいますね。
この状況に関してもきちんと先生に言うことが大切です。
そして、最近多いのがストレスに起因したEDです。
病院の先生はEDの原因をつきとめるための質問をしながら最終的な治療方法を決定し、適切な薬を処方してくれるということになります。
ED治療薬に対して興味があるということも事前に伝えることによって積極的な治療に進むこともありますので、恥ずかしがらずに伝えることも大切です。

Comments are closed.