バイアグラのジェネリック薬ができあがる仕組み

そんなに深く考えもせずにバイアグラなどを使っていた若い頃は、使う回数も少なく、物珍しさだけでED治療薬を使っていたように感じます。
しかし、今は30代も半ばを越えて、セックスそのものに苦痛を感じるようになりました。
それは、早漏気味だったり、あわや中折れをしてしまうかと思う場面に遭遇したからです。
若かった頃はお酒を飲んでからセックスしてもさほど困ることはありませんでした。
しかし、今はかなり下半身の体力が落ちて、私自身男性としてのアイデンティティを保てるかどうか、疑問になってきたわけです。

最初はクリニックに行き、レビトラを処方してもらっていました。
この方法だと安全性や信頼度は高いものの、価格の高さはどうにもならず、さすがに続けて使うのを断念したわけです。
そこで思いついたのが、海外医薬品の個人輸入でした。
これはすべて自己責任でやらないといけないので、けっこう大変な作業です。

まず買う薬を決め、それが置いてあって信頼のおける業者さんを見つけないといけません。
私はバイアグラのジェネリック薬カベルタに狙いを定め、それを売っている業者さんの評判を調べて、ようやく商品購入にこぎつけました。
インドの信頼できる大手製薬会社が作ったカベルタは、バイアグラのコピー品と呼んでも差し支えない薬です。
それは、主成分、効果、副作用などがすべて同じだからで、名前と製薬会社と製法が違う同一の薬と呼んでも過言ではありません。
この薬ができあがる仕組みには、インドの特許事情が複雑に絡んでいます。
医薬品の特許は、通常切れるまでかなりの年月がかかり、切れるまではジェネリック薬を作った会社はオリジナルの会社に特許料を支払わないといけません。
しかし、インドの場合はその特許が切れるのが非常に早く、特許料を支払わないでいいので、大変薬の価格が安いのです。
バイアグラとまったく同じ効果を持つカベルタがここまで値段が安い理由はそこにありました。
実際にこれを利用した友人は、違いがまったくわからなかったそうです。
確かにインドの製薬技術は世界レベルであり、この会社は特に120ヶ国以上の国で薬を販売している実績があります。
そのため、これが安心して使えるジェネリック薬なのはある意味当然なのです。
ここ最近になってED治療薬がかなり注目を集めています。

それは、誠実な海外医薬品販売サイトが増えて、正規品を確実に入手できるようになったからです。
私もカベルタを使い続けることにより、EDを克服することができました。
この薬は私にとって経済的な面や精神的な面でも支えになってくれる、頼りになる存在です。
シルデナフィルはレビトラ系やシアリス系の薬と比べ、爆発的なパワーを得るのに最適と聞きました。

使ってみてその意味がようやく理解でき、そのパワーの強さを生かして、若かった頃のようにぎんぎんのペニスを駆使したセックスを楽しんでいます。
みなぎる力は男性の象徴と呼べるのです。

Comments are closed.