バイアグラのジェネリック薬ができあがる仕組み

そんなに深く考えもせずにバイアグラなどを使っていた若い頃は、使う回数も少なく、物珍しさだけでED治療薬を使っていたように感じます。
しかし、今は30代も半ばを越えて、セックスそのものに苦痛を感じるようになりました。
それは、早漏気味だったり、あわや中折れをしてしまうかと思う場面に遭遇したからです。
若かった頃はお酒を飲んでからセックスしてもさほど困ることはありませんでした。
しかし、今はかなり下半身の体力が落ちて、私自身男性としてのアイデンティティを保てるかどうか、疑問になってきたわけです。

最初はクリニックに行き、レビトラを処方してもらっていました。
この方法だと安全性や信頼度は高いものの、価格の高さはどうにもならず、さすがに続けて使うのを断念したわけです。
そこで思いついたのが、海外医薬品の個人輸入でした。
これはすべて自己責任でやらないといけないので、けっこう大変な作業です。

まず買う薬を決め、それが置いてあって信頼のおける業者さんを見つけないといけません。
私はバイアグラのジェネリック薬カベルタに狙いを定め、それを売っている業者さんの評判を調べて、ようやく商品購入にこぎつけました。
インドの信頼できる大手製薬会社が作ったカベルタは、バイアグラのコピー品と呼んでも差し支えない薬です。
それは、主成分、効果、副作用などがすべて同じだからで、名前と製薬会社と製法が違う同一の薬と呼んでも過言ではありません。
この薬ができあがる仕組みには、インドの特許事情が複雑に絡んでいます。
医薬品の特許は、通常切れるまでかなりの年月がかかり、切れるまではジェネリック薬を作った会社はオリジナルの会社に特許料を支払わないといけません。
しかし、インドの場合はその特許が切れるのが非常に早く、特許料を支払わないでいいので、大変薬の価格が安いのです。
バイアグラとまったく同じ効果を持つカベルタがここまで値段が安い理由はそこにありました。
実際にこれを利用した友人は、違いがまったくわからなかったそうです。
確かにインドの製薬技術は世界レベルであり、この会社は特に120ヶ国以上の国で薬を販売している実績があります。
そのため、これが安心して使えるジェネリック薬なのはある意味当然なのです。
ここ最近になってED治療薬がかなり注目を集めています。

それは、誠実な海外医薬品販売サイトが増えて、正規品を確実に入手できるようになったからです。
私もカベルタを使い続けることにより、EDを克服することができました。
この薬は私にとって経済的な面や精神的な面でも支えになってくれる、頼りになる存在です。
シルデナフィルはレビトラ系やシアリス系の薬と比べ、爆発的なパワーを得るのに最適と聞きました。

使ってみてその意味がようやく理解でき、そのパワーの強さを生かして、若かった頃のようにぎんぎんのペニスを駆使したセックスを楽しんでいます。
みなぎる力は男性の象徴と呼べるのです。

価格的にお得なバイアグラのジェネリック薬

お金がどれくらいかかるかで、医薬品の価値をはかる人がいます。
薬は値段ではないという人もいます。
これはどちらも正解であり、高価な薬は希少価値があったり、安全性が高いなど、使うに足りる理由があるのです。
また、価格が安い薬も、経済的に助かる部分が多く、メリットは大きいでしょう。
ED治療薬バイアグラなどは、日本のクリニックで処方してもらう場合は、かなり値段が高くなります。
これは、あらかじめ輸入されているものを処方するからで、さまざまなお金がかかってきてしまうのです。
ただ、その分安全性は高いですし、確実に正規品が手に入るので、一概にだめとはいえません。
一般人がバイアグラを買い続けることは、経済的に不可能なので、それを回避するためにジェネリック薬を購入して使うケースがあります。
バイアグラのジェネリック薬カベルタは、インドでも最大手の製薬会社が製造しており、世界120ヶ国以上で販売しているので、大変信頼性の高い薬です。
インドでは特許の概念が他国と違っており、オリジナルより破格に安いジェネリック薬がどんどん作れる環境が整っています。
それを利用して作られたのがこのカベルタで、本家バイアグラと比べて遜色のない出来に仕上がっているのです。
まず、主成分がシルデナフィルで、バイアグラとまったく同じため、効果持続時間、勃起力も同じになります。
この薬は3時間から6時間程度、性的刺激を受けたら勃起持続が起こるのが通例です。
また、副作用もバイアグラと同じく、めまいや吐き気、頭痛や立ちくらみが起こります。
しかし、いずれも一過性のものですし、やや強い場合もありますが心配はいりません。
特筆すべきなのは価格で、バイアグラ一錠が1500円から2000円もするのに対し、こちらは一錠150円から300円の間で買えてしまいます。
あまりにも安いので、品質がいいのかどうか心配になりますが、そこはインドでも大きな会社が作っているので、信用していいでしょう。
ただ、人気がある医薬品の場合、ニセモノが増えるのは仕方ありません。
かのバイアグラも、世界中で売れている反面、ニセモノ対策には苦慮しています。
カベルタも価格の安さが災いして、さらにこれを安くしたまがいものが売られていました。
販売業者さんたちが正規品以外を扱わないようにしたので、誠意あるしっかりした業者さんから買えば、ニセモノをつかむことがないとお客にも理解されたのです。
私の身近にも、かつてバイアグラのニセモノをつかんだ人がいましたから、個人輸入はかなりシビアだったのだといまさらながらわかります。
インドの製薬技術は非常に高く、特にジェネリック薬を製造する技術は他国の追随を許しません。
特殊な事情があることがわかれば、カベルタをはじめジェネリック薬の価格の本当の意味がわかります。
しっかりとした知識が手に入ればそれが確実に生かせて、海外医薬品の個人輸入にも役立つことでしょう。

数々のED治療薬を試した私がたどり着いたカベルタ

インド製のジェネリック版を含めると、現在かなりの種類のED治療薬が販売されている様です。
私はそれらのED治療薬をいくつか試して来ましたが、最終的にしっくり来たのがカベルタでした。
ED治療薬はバイアグラ系とレビトラ系、シアリス系に大別出来るのですが、私はシルデナフィルを主成分に持つバイアグラ系ばかりを試して来ました。
シルデナフィルを主成分にもつ治療薬が私には一番効果を感じられたのです。
ただ、おなじ主成分をもつ治療薬でもそれぞれに副作用の出方が微妙に違う様で、ひとつひとつ試した結果、副作用が少なく自分に適していたのがカベルタだったのです。
そもそも私がED治療薬の世話になる様になったのが3年前です。

当時は結婚して子供も一人授かり、それなりに順風満帆という感じで生活をしていました。
ですが、ある日妻とセックスしている時に中折れしてしまい、その日以降以前の様な勃起の強さを感じられなくなってしまったのです。

私はすぐに医師に相談して、バイアグラを処方してもらいました。
バイアグラは確かに私のペニスを硬く勃起させてくれました。
ただ、予想以上に副作用の出方が強かったので、あまり連続して使用する気になれなかったのです。
どうやらこうした副作用の出方は人それぞれの様で、人によってはバイアグラを飲んでも殆ど副作用を感じないそうです。

つまり、相性があるのですね。
実は私の義理の兄、つまり妻のお兄さんもEDの症状を持っているのですが、バイアグラを飲んでも副作用はあまり感じないそうです。
私はその義兄にED治療薬について相談してみました。
もしかすると良い治療薬を知っているかもしれないと思ったのです。

すると義兄は「インド製のジェネリック版ED治療薬が安いから、色々試してみたら良いんじゃないか」と教えてくれたのでした。
義兄が言うには、ジェネリック版ED治療薬は個人輸入代行業者のインターネットサイトで購入出来るそうです。
私は早速インターネットでジェネリック版ED治療薬を探してみる事にしました。
そして、シアリス系やレビトラ系の治療薬も試した上で、やはりバイアグラ系が一番自分に合っていると感じて、今度は色々なバイアグラのジェネリック版を試したみたのです。
カマグラゴールド、シラグラ、ベガなど一つ一つ実際に使って調べてみました。
やはりどれも効果は抜群ですが、副作用の出方に違いがありました。
その中で最終的に私が購入したカベルタは、副作用を殆ど感じなかったのです。
「これだ」と、私は思いました。
ED治療薬はペニスに効果が現れる前に頭痛などの副作用が現れる事が多いのですが、この治療薬は副作用が少なく、セックスに意識を集中させる事が出来たのでした。
また、カベルタは効果も抜群で、他の治療薬と同様に私のペニスを硬く勃起させました。
繰り返しになりますが、こうした副作用の出方は個人差があります。
義兄は他の治療薬の方が自分に適していると言っていました。
ともかく、カベルタに出会えて良かったです。
また、私のED治療薬探しに付き合ってくれた妻に感謝しています。

バイアグラとカベルタの違いは製薬会社

勃起不全や勃起力不足といったEDの症状に悩まされているのなら、ED治療薬を使用してみてはいかがでしょうか。
ED治療薬には大きく分けて3つの種類があります。
一つが最も有名で人気のあるバイアグラ、もう一つが即効性のあるバルデナフィルを主成分とするレビトラ、そして最後に効果が長時間続くタダラフィルを主成分とするシアリスの3つです。

この3つはそれぞれが長所短所を兼ね備えており、使う人のニーズに合わせて使い分けることができます。
ただこれらの治療薬の共通する短所として、価格が高いという問題点があります。
保険が利かないという事もありますが、病院などで処方されれば、一錠あたり2000円以上するのは当たり前で、個人輸入を利用しても1500円以上はかかってしまいます。
これでは金銭的に余裕がある人でないと利用できませんし、日常的に使用しようと思っても抵抗を感じてしまうでしょう。

そこで便利なのがジェネリック医薬品を利用することです。

ジェネリックの名前は聞いていても、それがどんなものであるのか理解していないとなるとやはり使うのには不安があるものですよね。
安心して利用するためにも、まずはジェネリック医薬品がどういった薬なのかを理解しておきましょう。

※引用元・・・バイアグラについて詳しいサイト

同じ成分で同じ効果

ジェネリック医薬品とは研究費や実験費などがかからない分、低コストで生成できるため、同じ成分で同じ効果があるにもかかわらず低価格で購入できる医薬品をいいます。
ED治療薬に関してもいくつかのジェネリック医薬品が作られており、わずか10分の1の価格で手に入れることもできるのです。
たとえばカベルタというジェネリック医薬品があります。
これはバイアグラのジェネリック医薬品で、バイアグラと同じシルデナフィルを主成分とする薬です。
効果もバイアグラと同じで勃起を邪魔するPDE5を阻害し、海綿体の血流を増やし、勃起不全や勃起力不足などの症状を改善してくれます。

服用から効果があらわれるまで約40~50分を要し、効果が5~6時間ほど続くという特徴もほとんど変わりはありません。
唯一の違いは製薬会社の違いです。
バイアグラはファイザー製薬というアメリカの製薬会社が開発して販売してます。
ファイザー製薬はニューヨークのマンハッタンに本社を構え、世界第一位の売り上げを誇る大企業です。

その他の医薬品としては睡眠誘導剤のハルシオンや、禁煙補助薬のチャンピックスなども開発しています。
一方でカベルタはRanbaxyLaboratories社というインドの製薬会社が製造しています。
この会社は主にジェネリック医薬品の製造をメインで行っており、ジェネリック医薬品部門では世界で10位以内に入る大企業です。

日本の第一三共株式会社が買収しており、比較的日本となじみの深い製薬会社といっても過言ではありません。
このようにジェネリックであるかないかという違いは製薬会社の違いがあるだけで、他にはほとんど変わらないのが現状なのです。
この違いを気にするかしないかは個人の考えによって違いますが、成分も効果も同じで価格だけが10分の1という事実を目の当たりにしては、考えるまでもないのではないでしょうか。
EDは薬で改善できる病気です。
自分に合った医薬品を見つけて、健全な性生活を手に入れていきましょう。

カベルタの特徴を知って、最大限に活かす方法

カベルタは昔からあるED治療法とは異なります。
その特徴を知って、最大限に効果を上げる方法を紹介します。
特徴的なのは、直接的なものではなく身体にある酵素の作用を利用して効果をえることです。
ですから第一に、それらの仕組みを理解しておくとより効果的です。
これまでのED治療はホルモンなどを取り入れることで、勃起を促していました。
なぜなら、本来は刺激を受け、環状GMPと呼ばれる化学物質と筋細胞の働きにより、勃起させているからです。
カベルタの有効成分はシルデナフィルです。
これは環状GMPを分解してしまう酵素をブロックすることで効果を得るものです。
ですから、セックスの一時間ほど前に服薬するのが効果的です。
また、酵素をブロックしていますので、食後すぐの服薬は避けるべきです。
カベルタには血流をよくする働きがあります。
簡単にいってしまうと、身体がほてるのです。
ですから、食事をした直後だと、それが全身だけでなく内臓にまで届いてしまうことがあります。
空腹時に服薬することが適当です。
適量を守ることは当然ですが、効果的な時間を気にすることも重要です。
そして効果的な方法で、絶対に押さえなくてはならないポイントがあります。
それは内面の問題です。
EDにおいて、一番の問題は心の問題なのです。
そして、健康の問題でもあります。
EDだけを治しても、根本的な問題はそこにあるといえます。
過度なストレス社会で暮らす私たちは、常に不安と隣り合わせです。
ですから、EDは年齢とは関係ありません。
若くても、過労とストレスで勃起不全に悩む人は多くいます。
ですが反面、それは仕方のないことです。
ストレスの少ない会社へ転職するなどは理想ですが、リスクの大きい問題です。
まずは服薬と併せて、リラックスして睡眠のリズムを整えることです。
睡眠を十分にとることで、ストレスが緩和されます。
また、健康的な食生活も重要です。
暴飲暴食、喫煙などは控え適度な運動をするようにします。
運動は有酸素運動がよいとされています。
当たり前のようですが、なかなかできないのが、現実です。
ですから、飲み会でやけ食いをしないとか、通勤ではなるべく歩くようにするとか、できることから始めるのが重要です。
心と体を健全に保ちつつ、服薬をするとより効果が得られるのです。
最後にカベルタの大きな特徴は、その価格です。
格安の理由はジェネリック医薬品だということです。
ジェネリック医薬品は特許が切れた薬品を製造販売するものです。
同じ薬品でも、研究開発コストがかからないため、必然的に安くなります。
こうした動きは国内より海外で活発です。
ですから、個人で輸入するというのが、安価に手に入れる方法です。
もちろん、それを代行するサービスもあります。
要領は、通常のネットショッピングとほぼ同じです。
一錠約250円ほどで販売されています。
安全なサイトを探し、安価なカベルタを手に入れるのは難しいことではありません。